読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある夢想家のジレンマ

転がるか、留まるか、それが問題だ。

高度情報処理試験で午前Ⅰに合格できない理由を考えた

2017年春試験を振り返る

情報処理試験の受験歴

2017年の春は情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャを受験した。自己採点によると、午前Iは正解率50%で門前払いだ。情けない。今後の対策のために、これまでの試験対策などを記しておこうと思う。まずはこれまでの受験歴を振り返っておく。

私がこれまでに合格した情報処理試験は次の3つ。

IPAの資料によると、応用情報技術者試験平成28年度春試験)の合格者は平均年齢が28.8歳である。応用情報までは、世の中の受験生と同じぐらいのペースで合格できていたのだろう。応用情報技術者試験の合格後は忙しさを言い訳に高度情報処理技術者試験の受験を避けてきた。午前試験の免除も消滅し、午前Iからの受験になってしまったのだが、これがパスできなくて泥沼にはまっている。

午前I対策は失敗に終わった

論文まで書き上げたのにもかかわらず、午前Iで門前払いにあうのは精神的なダメージが大きい。昨年の春試験で失敗したため、今年は午前Iだけを受験して、とりあえず午前試験の免除資格を取ろうという作戦だった。が、今年も同じ轍を踏んでしまった。

事前に試験対策のサイトを巡り、午前試験については次のような作成を立てていた。

  • 過去10年程度の過去問を解く
  • 苦手な計算問題は捨てる
  • 理解することにこだわらずに設問と答えを覚える

どのサイトでも書かれていたのは、予想問題などをやらずに過去問をひたすら解くことだ。過去問はIPAのサイトから無料でダウンロードできるが、携帯性が高いスマホアプリを使って勉強した。通勤時間や昼休みを使って、過去10年程度の問題をひたすら解いていった。

合格点に到達できなかった原因

合格できなかった理由は、弱点の補強を全くしなかったこと。これに尽きる。過去問の暗記に絞った対策をした場合、過去問から再出題された問題を確実に正解できることが前提だ。そして、合格に必要な残りの点数を、初出の問題で稼ぐ必要がある。苦手分野の多い私は、後者の点数が著しく低かった。間違った問題は、稼働率論理回路、暗号方式など、情報処理試験ではおなじみの分野だばかりだ。

恥ずかしながら、基礎理論、コンピュータシステム、技術要素といった分野は、業務で扱うことがなかったので苦手のままだ。過去問の回答を見ても、どうしてそのような解答になるのかが分からない問題が多い。一方で、開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、システム戦略といった分野は、日常業務に大きく関わってくる分野であるため、初見で正解できる問題が多いし、間違えても解答を理解するのに時間がかからない。

2017年秋試験に向けて

今後の午前I対策(私の場合)

次の試験に向けての対策を考えよう。苦手分野(基礎理論、コンピュータシステム、技術要素)の頻出問題の対策をしておけば、少ない労力で合格点に近づけそうだ。資格試験においては、分からない問題に時間を使うよりも、問題数をこなすことを重点を置いた方が合格に近づけると考えていた。しかし、今の私の現状では、得意分野をこれ以上勉強しても大幅な点数アップは望めそうにない。苦手分野を少し勉強して、今回よりも3問追加で正解できれば合格できる算段だ。

秋試験にはプロジェクトマネージャ試験がないため、どの試験区分を受験するかに悩む。自分の業務と難易度から判断すると、システムアーキテクト試験、または、情報処理安全確保支援士試験あたりだろう。今年こそは高度情報処理試験に合格したい。ちなみに「足切り」という言葉は差別用語だから「門前払い、二段階選抜」を使う方が良いようだ。勉強になった。