読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある夢想家のジレンマ

転がるか、留まるか、それが問題だ。

自己矛盾から生まれたブログ名とハンドル名

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

ブログ名の由来

現状に甘んじている夢想家のジレンマ

このブログは、「高い理想を追い求める自分」と「現状に甘んじている自分」の自己矛盾を日々書き綴っていく雑記ブログだ。だからブログ名は、「ある夢想家のジレンマ」。

意識高い系の自己啓発ブログなんかをやろうとしたこともあるけど、理想は高くても行動が伴わず長続きしなかった。だから、コンテンツや文章の質にはこだわりすぎずに、ただ書き続けることを目的にブログを始めることにした。SEOやデザインなんかも後回しにしているし、そういうブログのセオリー的な作業は少しずつ進めていけばよいと思っている。

性格診断で分かった自己矛盾

私の中に存在する自己矛盾を説明するには、「16Personalities性格診断」診断結果を説明するのが手っ取り早い。私の性格はINFP-T「仲介者」と判定された。

INFP型気質の人は、真の理想主義者で、極悪人や最悪の出来事の中にさえも、常にわずかな善を見い出し、物事をより良くするための方法を模索しています。落ち着きがあり控えめで、内気にさえも見られますが、内には激情と情熱があり、まさに光を放つ可能性を秘めています。

“仲介者”型の性格 (INFP-A / INFP-T) | 16Personalities

この文章で説明されているところの、激情を持つ内気でというのが、私の中にあるジレンマを分かりやすく説明してくれている。理想は高いが行動が伴わない。そんな自分の内面を文章に起こしていけば何かが生まれるかもしれないと思った。だから、このブログに書かれているのは結局のところ自分のための文章だ。

ハンドル名の由来

苗字検索サイトから珍しい姓を選んだ

ハンドル名はなかなか決まらなかった。昔から使っているハンドル名は、友人からサークル仲間、妻、(一部職場の同僚)に知られている。その人たちに向けて書くブログではないので、新たにハンドル名を考えることにした。

趣味に関連する単語から採用したり、それをアナグラムにしてみたりと、いろいろと試行錯誤を重ねたが、ブログサービス等のアカウントに使われている言葉が多く、ハンドル名に使うことができる単語はなかなか見つからなかった。そんな中、あまりなじみのない名前が良いと思い、苗字検索サイトから世帯数が少ない苗字をピックアップした。目に留まったのが「転石(ころびし)」という名前だった。

ハンドル名に与えた後付けの意味

この名前が気にいったのは、転石という漢字が"A rolling stone gathers no moss."(転がる石にはコケがつかない)ということわざを連想させるから。このことわざは、イギリスとアメリカで解釈のされ方が異なる。この解釈の違いは私の抱える自己矛盾に通じるから気に入った。飽きやすい自分を抑えて、当分はブログを書き続けていきたい。

同じ場所にとどまらない石には、苔も生えないことから。
本来はイギリスのことわざ「A rolling stone gathers no moss.」で、イギリスでは「職業や住まいを転々とする人は成功できない」という意味で使われる。
アメリカでは「活動的にいつも動き回っている人は能力を錆びつかせない」という意味で用いられるが、この違いは、イギリスは保守的、アメリカは改革的な考え方をするためである。

転がる石には苔が生えぬ - 故事ことわざ辞典